なりたい自分になる

本棚から昔読んだ古い
ドクターモルツの本が出てきた。

ぱらぱらとページをめくっていたら、
あるページを無意識に指が止めた。

これは自分へのメッセージなのか?
それとも、あなたに伝えろという事なのか?
そのページを紹介しよう。。。

 
本当の成功、本当の幸せは、
自分自身を受け入れない限り、
  絶対にやってこない。

ほとんどの人は、
他人に合わせようとして、
他人の基準で、

  他人のように行動を取る。

まるで、自分が

  自分自身じゃないかのような
  振る舞いをとり、
それを表現しようとしている。

そこには安心感も満足感もなく
最後には、自分自身を

  偽っていた事に対する
後悔しか残らない。

本当の成功とは、
誰かほかの人の

  マネをする事ではなく、
自分自身になりきる事だ。

セルフイメージを変える事は、
自分自身を変えることではない。

自分への期待、

  自分へのイメージ自分への概念、
考え、を変えることだ。

どうだろう?

今のあなたに必要な
メッセージだったろうか? 
それとも違ったかな?

ほとんどの人は、
自分自身を追求する事なく、周りの期待

ーそれは、親であったり、大衆文化の
価値観であったりするー

を追求する。

自分自身が望んでいるもの。
自分自身の考え、価値観。

自分自身のやりたい事。
自分自身がなりたい自分。

それを追求していった時、
本当の成功と幸せを感じることができ、
本当にリラックスすることができる。

自分以外の期待を満たそうと
いくら努力しても、
幸せになれるとは限らない。

(そうは言っても
何も追求しないよりマシだが)

時には、他人との会話を止めて
自分自身と
会話をしてみる事が必要になる。
 
メール抜粋

世界中にあなた以上の人もあなた以下の人もいない

全く同じ人はいないのだそうです。

この世に生を受けてきたのには何か理由があります。

それぞれの悩みがあり、喜びがあり、趣味があり、得意、不得意があり、個性があります。

それを探し、発見し、それを全うすることが

使命なのかもしれません。

他の誰かになることはできないですし、誰かがあなたのようになれないのです。

あなたはあなたらしく生きていけばいいようです。

ほんとうに心から望むことを考え、そのために生きていけばいいのです。

ほんとうに心が喜ぶことをすれば、必ず誰かの役に立てます。

その結果、より豊かに幸せになっていくようです。

自分の足元だけ照らすと周りは暗くなってしまいます。

周りを照らすと自分の足元は暗くなります。

自分が輝けば、周りも照らすことできるのです。

人生は辛いこと、悲しいこと、うれしいこと、失敗したこと、楽しいこと、すべて何かを学ぶために

起こっているようです。

意味のないことはないのです。

人生は自分磨きの旅のようです。

自分らしく輝いていきましょう!

あるがままの自分であること成り得るべき自分になることそれが人生の唯一の目的である。
ロバート・ルイス・スティーブンソン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です